1. FAQ
企業サイトへ

FAQ

シリーズ名: ハーネス加工

  • .0415

    HDR-E26ALPA+またはHDR-E26ALPB+に必要な工具を教えてください。

    必要な工具はクランプカシメ工具(MHPT-0012A)です。

  • .0370

    コネクタPCR-S20FS+をケースPCR-S20LAに組込む場合に、#28AWGシールド付きケーブルのシールド線をコネクタにアース接続する方法を教えてください。

    POS#1表示付近にシェルからアース用端子が伸びておりますので、ドレイン線を半田付けしてください。

  • .0324

    HDR-E50MSG1+の適合電線サイズを教えてください。

    HDR-E50MSG1+の適合電線サイズは、AWG#28、φ1.0mm以下です。

  • .0310

    HDR-E50LPHのクランプをかしめる工具は何を使用すればよいでしょうか。

    MHPT-0010Aを使用してください。

  • .0247

    HDR-E14MAG1+の圧接工具は何を使用すればよいでしょうか。

    圧接工具は生産量に応じて2種類あります。
    ハンドツール(少量生産用)の場合はFHPT-0004Aを使用してください 。
    ハンドプレス(大量生産用)の場合はRPS-K4、MLPT-AD01、FHPT-923Cを使用してください。

    この他にハーネス加工には整線冶具とケーブルクランプ冶具が必要です。
    整線冶具はFHAT-0029(ケーブル余長はニッパー等で切断)または、FHAT-0004C(ケーブル余長は自動切断)を使用してください。
    ケーブルクランプ冶具はケースにより異なりますので、別途FAQでご確認ください。

  • .0246

    HDR-E26LPKのクランプをかしめる工具は何を使用すればよいでしょうか。

    MLPT-0037Bを使用してください。

  • .0232

    HDR-EA26LMYPG1-SLK+をLVDS用のコネクタとして使用したいのですが、ペアの配置をどのようにすれば良いですか。

    HDR-EA26LMYPG1-SLK+の場合(SMTタイプ)は、上段の端子下段の端子をペアにしてください(POS#1とPOS#14)。
    ケーブル側コネクタも上段と下段でペアを組んでください。
     
    HDR-EC26LFDT-SLK+の場合(ディップタイプ)は、横方向にペアを組んでください(POS#1とPOS#2)。
    ケーブル側コネクタも横方向でペアを組んでください。

  • .0231

    HDR-E26MSG1+にAWG26(外径:0.97mm)の線材を使用して半田付けしたいのですが、ケーブル適合値は設定されていますか。

    HDR-E26MSG1+の適合電線サイズは、AWG#28、φ1.0㎜以下です。

  • .0230

    HDR-E14MSG1+に半田付け出来る電線サイズを教えてください。

    HDR-E14MSG1+の適合電線サイズは、AWG#28、φ1.0㎜以下です

  • .0229

    HDR-E14FSG1+に半田付け出来る電線サイズを教えてください。

    HDR-E14FSG1+の適合電線サイズは、AWG#28、φ1.0㎜以下です。

Page Top